So-net無料ブログ作成

池井戸潤氏の〝銀翼のイカロス〟を読みました。

 読んで、気分がすかーっとします。

 四年か五年前に出版された本です。大体どんな風に落ち着くかは想像できますが、最後まで読んで、この爽快感を味わいたいという欲望に押されて、一気に読み通しました。

 大活躍する半沢直樹は、すでに半沢直樹シリーズとして何冊か前の本で登場しているようなので、ここで人物表現はされておりません。例の半澤直樹が現れて…というところなのでしょう。初めて読むものには少し残念な思いが残ります。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます