So-net無料ブログ作成

浅田次郎氏の短編集〝月下の恋人〟を読みました。

 上巻、下巻に五編ずつの話が載せられています。

  情夜、告白、適当なアルバイト、風瀟瀟、忘れじの宿

  黒い森、回転扉、同じ棲、あなたに会いたい、月下の恋人

 それぞれが原稿用紙にして三十枚くらいの短編ですが、読み進めるうちに、自分は夢でも見ているのかと錯覚を起こしそうになってしまいます。現実とか常識とかいう言葉がどこかにふわふわ飛んで行ってしまいそうになりました。

 

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます