So-net無料ブログ作成

平野啓一郎氏の〝ある男〟を読みました。

 子供二人を持つ女性が下の子と父親を続けて亡くしました。小さな文房具店を営む彼女の前に実直な男性が現れて、再婚したのですが、この男性が事故で死んで、しかも名前が全く別の人間であることが判明します。

 弁護士城戸章良が探っていく目前を、自分の過去を消去する願望を抱く様々な身の上の男たちが二つ、または三つの名前を持ちながら、現れては消え過ぎて行きます。

 彼らの人生を目の当たりにして、城戸自身も自分の家庭を振り返ってみる辺りが、女性の読者の共感を呼ぶようです。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます