So-net無料ブログ作成

黒川博行氏の〝勁草〟を読みました。 [雑記]

 オレオレ詐欺を働く男二人と大阪府警特殊詐欺捜査班の刑事二人の攻防を描く物語です。

黒川氏の作品は〝破門〟〝泥濘〟そのほか思い出せませんが何冊か読みました。やくざ二人にしろ、警察二人にしろ、登場人物の会話のやり取りが面白くて、ついつい次の作品は、と探し求めてきました。

 今回の〝勁草〟はテーマが重苦しすぎるからでしょうか、会話に軽さがありません。面白味が少し減ったかな、と感じました。人が次々に死んで行きます。現代社会の病魔を表現しているのだから、こうなるのも仕方がないのでしょうか。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます