So-net無料ブログ作成

高野史緒氏の〝カラマーゾフの妹〟を読みました。 [雑記]

 ドストエフスキーの名作〝カラマーゾフの兄弟〟を前編と仮定しての、後編の作品です。

 そんなことをしていいの?と、なんだか恐ろしい気持ちが沸き起ります。同時に作者の大胆不敵な試みに拍手を送りたいとも思いました。

〝カラマーゾフの兄弟〟が完成した時、十三年後に続編を書くと、ドストエフスキーは宣言していたそうですが、

その時が来る前に逝去してしまいました。

 高野氏は文豪の宣言を、自分の腕を持って実現し、この世に送り出したというわけです。

 内容は面白かったです。なにしろ文豪の名作をふまえての物語ですから。

 ドストエフスキーの〝カラマーゾフの兄弟〟をもう一度、丁寧に読み直してみたいという気持ちになりました。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます