So-net無料ブログ作成

高野史緒の〝翼竜館の宝石商人〟を読みました。 [雑記]

 十七世紀半ばのアムステルダムの話です。

 世界中の金が集まってくる、栄えた商業都市ですが、海面すれすれの高度しか持たない国土では、いつも洪水に脅かされ、湿度に悩まされています。

 この陰鬱な地に不思議な死亡事件が起こり、不思議な人たちが謎の解明に乗り出します。

話が終わってみれば、だまされていたのは読者だったと気づかされて、後になって歯がみをします。

 これってミステリーなのでしょうか。小説にもだまし絵が登場する場合、なんと名付けたらいいのでしょうか。


nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます